タトゥー除去の治療を徹底比較

メリットとデメリットを調査!タトゥー除去4つの治療法

タトゥー除去治療の方法と料金

タトゥーを除去するには、いくつかの治療法があることをご存知ですか?それぞれ、料金や治療期間、効果などが違うので、自分に合った方法を見つけてみてください。

レーザー治療
治療方法 おもに、黒や紺などの色味に反応するレーザーを使用して、タトゥーの部分を焼失、色素を分解して体外へ排出させる。傷跡を残さずにタトゥーを除去できる。薄いものであれば1回の治療で目立たなくなる。
治療期間 2~3カ月おきに1回、レーザー照射をして、平均5~10回程度で目立たなくなるケースが多い。治療期間は1年くらい。
料金目安 1cm×1cm で10,000円くらいから
 
 削皮
治療方法 専用の器具を使って、タトゥーが入っている皮膚の表面を削る方法。色素が深くまで入っていなければ、1回の治療でタトゥーを除去することができる。深くまで入っている場合、傷が完治するまでに時間がかかる。
治療期間 1回の治療での除去も可能。治療後、傷が治るまで1週間に1回の通院が必要
料金目安 1cm×1cmで30,000円、5cm×5cmで150,000円くらいから
 
植皮
治療方法 自分の太ももやそけい部などの皮膚を切り取って、タトゥーが入っているところに移植する方法。カラフルなタトゥーや広範囲のタトゥーにも対応できる。
治療期間 1回の治療での除去も可能。治療後、傷が治るまで1週間に1回の通院が必要
料金目安 1cm×1cmで60,000円くらいから、10cm×15cmで500,000円くらい
 
切除
治療方法 タトゥーの入った部分の皮膚を切り取って縫い合わせる方法。傷跡は残るが、早く、確実にタトゥーを除去することができる。1回の治療で終わらない場合、分割切除をすることも可能。
治療期間 1回の治療での除去も可能。治療後は1~2週間後に抜糸。分割切除の場合、3カ月後くらいに再手術を行なう。
料金目安 1cm×1cmで15,000円くらいから、5cm以下で100,000円前後

 

タトゥー除去治療のメリット・デメリット

治療方法 メリット デメリット
レーザー 傷跡を残さずにタトゥーを消すことができる。
広範囲のタトゥーにも対応できる。
痛みが少ない
時間がかかる。カラフルなタトゥーの場合、完全に消えないことがある。
削皮 タトゥーの状況によっては、1回の治療で除去が可能。
ぼかすように削るため、タトゥーの模様や柄がわからなくなる
やけどのような跡が残る。深くまで色素が入っている場合、傷が完治するまでに時間がかかる。
場合によっては、皮膚移植を行なう必要もある。
植皮 1回の治療で除去できる。
カラフルなタトゥー
や、広範囲のタトゥーにも対応できる
皮膚を切り取って貼り付けるため、移植元や移植先に傷跡が残る
傷の回復に時間がかかる。
切除 1回の治療で除去できる。
カラフルなタトゥーでも完全に消すことができる
傷跡が残る
広範囲のタトゥーには対応できない。

 

いちばんキレイにタトゥーを消せる!お勧めのクリニック

いちばんキレイにタトゥーを消せる東京美容外科表参道スキンクリニックのQスイッチYAGレーザーこれらのタトゥー除去方法の中で、一番きれいにタトゥーを消すならレーザー治療がおすすめです。

一般的に、レーザー治療は時間がかかるのがネックですが、表参道スキンクリニックでは皮膚の最深部のタトゥーに対しても高い効果が期待できるQスイッチYAGレーザーを使用。

他のクリニックでは、3カ月に1回のペースで行う治療を、1カ月に1回受けることができ、通常のレーザー治療よりも短いサイクルで治療できるので、早く治療が完了します。

また、気軽に試せるキャンペーン価格もあり、1cm四方が3,000円でできるので、レーザーの効果を知りたい人、それほど深くまで入っていない黒一色のタトゥーを入れている人は、一度、試してみるのもいいかもしれません。

表参道スキンケアクリニックのHPで詳細をチェック!>>